チートはもちろん禁止行為!

チートはもちろんオンラインゲームだけではなく、コンピューターゲーム全体でも禁止行為になっています。もちろん不正行為に該当するのはもちろんですが、ゲーム製作者サイドの意図しないようを著しく損なうケースも出てきています。改竄したことが事件となり訴訟も行われています。日本ではチート関連業者が敗訴した判例も出てはいますが、市場ではチートの操作手段を解説した本やツールなどが販売されています。

オンラインゲームでのチート

オンラインゲームではほとんどチート行為は禁止行為と利用規約で定められています。チート行為が技術的に可能であったとしても、もちろん禁止行為になっています。もしチート行為をした場合には、強制解約されることもあります。また、オンラインゲーム以外のチートであってもソフトウェアは著作物になっているため、ソフトウェアの改変とみなされるケースもあるので、注意が必要になります。

サーバーへの接続を前提にしているサービス(オンラインゲームを含む)になると、クライアントソフトウェアを改変したことで、ユーザーが不正な情報の送信を行った場合には不正アクセスとみなされる可能性もあります。そのため法的にみても不正アクセスとみなされます。実際に平成26年(2014年)に神奈川県警がチートツールを使用していた人対して「電子計算機損壊等業務妨害容疑」を初めて適用して、摘発を行っています。

そして多数の人が同時にオンラインゲームを楽しむのが当たり前になっていますが、それぞれのユーザー同士の間で一種の競争状態が発生するようなゲーム上で、チート行為をすることに関して問題が発生していきてきます。分かりやすい例として、レースゲームがあります。レースゲームでチートをする時に、自分のレースカーが存在する座標を書き換えて、スタートした直後に自分のレースカーをゴール直前に「置く」といったチート行為があります。こんなとんでもチートをされると、他のレース参加者は絶対にチートをしたレースカーを追い抜くことはできません。他の参加者もレースに参加しても楽しめることもなくなってしまいます。そのためゲームを提供している企業サイドで、チートといった不正行為ができないように、各レースカーの座標をチェックするプログラムをゲームソフトウェア内に追加していったり、外部から座標データを不正に変更できないようにゲームのプログラムを設計する様式が一般的になっています。

レースカーの性能のデータを書き換えるというチートもあります。レースカーの性能を書き換えると、本来のゲームではとうていありえない程高い性能のレースカーを不正に作成することで、他のレースカーよりも圧倒的な優位になります。もちろんレースカーの性能を圧倒的に良いものに書き換えているので、レースカーとして他のレース参加者からすると不公正になります。このような改竄ができないように、ゲーム提供サイドでは常にバージョンアップをしたりチート防止ソフトなどで、チート行為を防止するような対策を組み込んではいますが、ある意味いたちがごっこのようになっているのが現状です。

チーターとレジット

オンラインゲームでは、新たなマーケットも誕生していますがそれはアイテムを現金で売買することのできる、リアルマネートレーディング(RMT)です。このリアルマネートレーディングに目をつけてチートで不正に入手したアイテムを販売している人もいます。

この場合にには、アイテムを不正に入手したことで、チートをした人だけが儲かっているような印象を持ちます。アイテムが欲しい人がアイテムを所有している人から購入するだけなので、ゲームの内容に関ては特に改竄されているわけでもないので、特に問題はないような気もしますが、ゲームそのものの信頼性が損なってしまいます。そして欲しいアイテムをどんどんチートで手に入れることで、ゲームとしてのバランスそのものも損なっています。そうなるとゲームそのものにも魅力がなくなってくるので、ゲームを提供している企業の損益にもつながります。

もちろんこのようなチート行為は不正行為として処罰の対象になっていますが、作者不明のチートプログラムがネット上に流布されているのもこれまた事実です。そしてそれだけではなくチートプログラムだといって入手した場合チートプログラムではなくコンピューターウィルスであったりスパイウェアといったマルウェアも出回っているので、出所不明の噂をそのまま信じてプログラムを実行してしまうと、かなり深刻なダメージを受けることもあるので、作者不明のチートプログラムや出所不明のチートプログラムなど一切に関わらないほうが賢明です。

オンラインゲームでチートをするプレイヤーであったり、チート行為が好きな愛好家のことを呼ぶ呼び名は「チーター」Cheaterといって、チーターの対義語にあるのは「レジット」Legitimateです。レジットはチートなどをすることはなく、ごく普通にゲームを楽しみそしてプレイヤーとしてチートを発見したらゲーム運営者側に報告をして純粋にゲームを楽しむ愛好家です。チート行為をみやぶるために、ウィルス対策とおなじようにプログラム実行中に常駐して不正行為を監視するソフトなどがありますが、チートはその機能を無効にしたりする手段をとっているのでこの面でもいたちごっこになっているといえます。